循環器内科

循環器内科について

循環器内科について

当院では、高血圧や糖尿病といった生活習慣病から、心臓や血管病などの循環器疾患全般についての診療を行っております。

問診や聴診などの基本的な診察に加え、必要に応じて各種検査を行い、循環器疾患の早期発見や再発予防に努めます。さらに高度な医療が必要な場合には、適切な医療機関をご紹介します。

紹介先医療機関との連携により、精密検査や治療後のアフターフォローについても、当院で責任を持って行っております。

このような症状が気になる方は、一度ご相談ください

  • 最近、動悸が激しい
  • 少し動いただけですぐ息切れするようになった
  • 今まで辛くなかった階段や坂道が苦しくなった
  • 以前よりむくみやすくなった
  • ときどき胸が苦しくなる
  • 胸が痛い
  • 健康診断で、心臓や血圧の異常を指摘された

主な疾患

  • 高血圧・糖尿病

    高血圧や糖尿病になると、心筋梗塞や動脈硬化を原因とする循環器の疾患を発症しやすくなります。知らないうちに重症化することを防ぐためには、定期的に検査を行い、数値を確認するようにしましょう。

  • 脂質異常症(高脂血症)

    脂質異常症は血液中の脂肪やコレステロールが増える病気で、心筋梗塞や動脈硬化を引き起こす原因となります。脂肪摂取が過剰になりがちな現代の食事や運動不足が、こうした症状の人を増やしています。

  • 不整脈

    不整脈は、脈がゆっくりになったり速くなったりと、不規則になる病気です。脈が1分間に50以下になるものを「徐脈」、100以上になるものを「頻脈」と言います。
    不整脈は生理的に起こる場合と、病気が原因となって起こる場合があります。さまざまなケースに応じて対処法が異なりますので、医師に相談の上、的確な治療を行いましょう。

  • 狭心症

    狭心症とは、心臓の栄養血管である冠動脈が何らかの原因で狭くなり、心筋に送り込まれる血液が不足して酸素不足になる病気です。主な症状として、胸の痛みが現れます。動脈硬化によって冠動脈が狭くなることが原因の場合が多いですが、子どもの病気の後遺症などで発症する場合もあります。

  • 心臓弁膜症

    心臓弁膜症は、心臓の4つの部屋にある弁が、加齢や感染症、外傷などによって正常に機能しなくなる病気です。生まれつき弁に障害がある場合も含まれます。心臓弁膜症は、主に弁の開きが悪くなる「狭窄症」と、弁が正常に閉じなくなる「閉鎖不全症」に分けられます。

  • 心不全

    心不全とは、心臓の働きが不十分になった状態、またはそれにより体が不健全になることを言います。坂道で息切れしたり、咳が増えたり、むくみやすくなったりするなどの症状が現れます。急激に症状が悪化する「急性心不全」と、状態がやや安定している「慢性心不全」があり、それぞれ治療法が異なります。

  • 末梢動脈疾患(PAD)

    手や足の動脈が狭くなったり詰まったりして、血液の流れが悪くなり、それによりさまざまな症状が現れるのが「末梢動脈疾患」です。主な症状はしびれや痛みなどですが、進行すると皮膚潰瘍ができたり、壊死してしまったりすることもあります。

治療について

当院は、循環器専門医による診療を行っております。循環器系の症状については専門的な診断が可能です。また、当院で対応できる範囲の治療はなるべく転院することなく、当院で受けていただけるよう努めております。

高度な精密検査が必要な方には、適切な時期に、適切な医療機関をご紹介いたします。
循環器の疾患は、場合によっては早急な対応が必要なことがあります。緊急なのか、少しの猶予があるのかを、豊富な経験にもとづき見極めてお伝えしています。

転院先については、それぞれの患者さまの疾患や状況に合わせて、さまざまな選択肢の中から治療に適した医療機関をご提案いたします。

お気軽に
ご相談ください

中野区松が丘の井上医院は
新井薬師前駅北口から徒歩2分。
一般内科・循環器科の診療に加え、
健康診断・予防接種・各種検査を
行っております。
気軽に立ち寄れる
アットホームな医院です。

※初診の方は健康保険証をお持ちの上、
診療終了時間の15分前までにお越しください。

page top